2016年8月21日日曜日

荒屋団地町会夏祭り盆踊り大会が大賑わい!

昨日8月20日(土)午後6時から、第51回荒屋団地町会夏祭り盆踊り大会が開催され、約400人の住民が荒屋町児童公園に集まり夏の夜のひと時を心ゆくまで楽しみました。
午後6時、中山町会長の開会の言葉で幕が切って落とされ、老若男女が一堂に集い盆踊りや模擬店、観覧席等で談笑の風景が広がりました。

開会あいさつ後、ぽつぽつと雨が降り出し、しばらくして土砂降りに。
まもなく開会だが大勢の人が集まってきた
中山町会長のあいさつ
しばらくして雨足が強くなってきた
来賓者の皆さんも雨が上がるまで談笑
子供会の模擬店も賑わってきた

午後7時には雨がやみ涼しい夜になった。
青壮年部の焼きそばがあっという間に売り切れ!
恒例になった荒屋団地町会の〇✖クイズが始まった
お楽しみ抽選会で「どきどき」
観覧席も大勢の人たちで埋まった!
御芳志掲示板は300件の盛況!
子ども達も積極的に踊りの輪に入った
盆踊りの文化を維持していくには、子供たちに盆踊りの魅力を知ってもらうことが最も大切なこと。
町会は3日間にわたり練習日を設け、町会長自らが踊りの指導をしました。

今年から盆踊り大会が終了した9時から実行委員会の関係者一同が会場内に設けられた特設会場で慰労会が開催されることになりました。
盆踊り実行委員会の皆さんの慰労会
以上のとおり、とっかかりで雨に見舞われ集客が心配されましたが、間もなく雨が収まり大勢の人が参集していただきました。
なお、テント6張り、テーブル等の配置、照明設備等は前日金曜日から実施されました。
関係者の皆様のご協力に心からお礼を申し上げます。

会場準備等の模様をご紹介いたします。
悠々サロンスタッフの赤飯づくり
舞台、照明飾りつけ作業
料理同好会の仕込み作業
盆踊り大会は町会長が陣頭指揮のもと、7名の副会長、15名の班長等による町会役員のほか、シニアクラブ、子供会育成部、青壮年部、料理・クラフト等の同好会、悠々サロンスタッフ、公民館長、公民館委員、防犯委員、民生児童委員、主任児童委員、ネットサークル等々の関係者が一丸となって町会のために協力できる体制が備わっているのが、吾が荒屋団地町会の強みであります。                     荒屋団地町会万歳!!


2016年7月27日水曜日

グランドゴルフ大会開催 ~シニアクラブ~

シニアクラブ主催でのグランドゴルフ大会をとの要望があり、28年年度の事業計画として、取り上げることになっておりました。先般の役員会での決議に基づき、7月27日(水) 9時から荒屋八幡公園に集合し、くじ引きのスタート枠を決めてのスタートです。

シニアクラブ主催ですので、やはり、体調不調2名欠席 急遽出席1名の合計17名の参加でした。


今回は、シニアクラブの主催で初めてのことであり、ここの公園での同好会を運営する方々のご協力のもと、会場準備等をしていただきました。皆さんには、本当にありがとうございました。
公園内に設定された8ホールを4巡をしてでの合計スコアで競われました。成績は以下の通りです。

優勝:小谷内 久米松さん 69  準優勝 松田行雄 70さん 3位 北方 悦子さん 71 でした。ホールインワンが、17ホール・人が出ましたので、幹事不慣れの事務局も賞品の数を心配をしたくらいです。ホールインワンは、3ホールを出された方は。5人もおられ、日ごろの練習成果の賜物かもしれません。


シニアクラブの活動の範囲を広げて、活性化を図るため、毎月何かの行事を行っておりますので、多くの皆さんが参加をできるような仕組みを心掛けていきたいと思います。
何はともあれ、暑い中でしたが、熱中症にもならずにホールインゲームまで、無事終了し、景品をいただき、終了させていただきました。次回は、観劇会です。








初めてのグランドゴルフで、熱中をしてしまいましたので、写真を撮るのを忘れてしまいました。(笑)

2016年7月17日日曜日

ゴキブリ退治用団子作りに励んだ!第104回荒屋悠々サロン

昨日(7月16日)午後1時30分から、荒屋会館において第104回荒屋悠々サロンが開催されました。新盆中なので墓参のため出席できない方もあってか参加者は少なめ。
今回はゴキブリ退治用団子作りにチャレンジしました。
北永講師による説明
作り方

手が荒れないよう全員に手袋が配布されました。
牛乳を加える
だいぶできたよ
丸めてペットボトルのキャップに乗せた
「家に持ち帰って涼しいところで乾燥させてください」

家庭で1匹のゴキブリが見つかるとその家には何十匹ものゴキブリがいるとか。団子の効果に期待です。

お茶タイムには先月シニアクラブでまれの里めぐりをした写真集を鑑賞。
「とても楽しかった」「刺身定食がおいしかった」という声が聞かれました。
6月、7月生まれの方3人の誕生会では赤飯がプレゼントされ、ハッピーバースディトゥユゥを合唱してお祝いしました。

そのあと、唱歌合唱。「夏の思い出」のあとに、最近百坂や能登島、能登地区にクマが出没する話が出されその話題に持ち切り。なぜこの話をしたのか、それは「森のくまさん」を歌う前のクマの話題でした。
最後に定番の健康体操で締めくくりとなりました。
60歳以上の方、まだ余裕がありますので社会交流に参加しませんか。


2016年6月25日土曜日

子ども達を交え七夕飾りの制作;第103回荒屋悠々サロン

本日(6月25日)午後1時30分より、荒屋会館3Fホールにおいて、第103回荒屋悠々サロンが開催されました。
定例会は3週土曜日に開催されることになっていますが、今月は都合により1週遅れの開催となりました。
毎年6月の定例会では、子供たちと合同で七夕の飾りつけを行っており、今回9人の子供たちと3人のお母さん方が参加していただきました。
材料が配布された

先ずわっぱを繋いで

てきぱきと

雪の結晶模様の素晴らしい作品ができました

玄関の竹に短冊などを飾りつけ

高いところはお母さんにお任せ

もう最後の飾りつけになりました
予定では60分の制作時間でしたが、短冊に願い事を記入するまで、かなり時間がかかりました。
途中、休憩タイムをとり、おやつを賞味。
子ども達にはリンゴジュースとお菓子の詰め合わせがプレゼントされました。
子どもと一緒に活動する悠々サロンの取り組みは、県社会福祉事業の一環として助成を受けているところです。
今月は5,6月生まれの方の誕生会を予定していましたが、時間の余裕がなくなり次回に実施することになりました。
会館前を通られる時には、この七夕飾りを是非ご覧になってください。

2016年6月21日火曜日

第22回千坂校下町会対抗グラウンドゴルフ大会開催!!

619日(日)カンカン照りでなく、時折、爽やかな風も吹いてグラウンドゴルフには最適の日和になりました。

午前8時、第22回千坂校下町会対抗GG大会の開会式が行われました。

まず、西田町連会長、大島公民館長、麦田市議の挨拶後、当田体育部長(当団地6班)から、大会のルール説明、注意事項があり、挨拶された3名による府打ち出し式が行われ、各町会から選抜された40チーム(男性104名、女性56名)160名の選手による熱戦の火ぶたが切られました。

対戦相手の4名ずつ、合計8名のグループでそれぞれのゴールポストを目指して頑張りました。
 当団地からは、3チーム(12名)の皆さんが参加されました。1130分には成績発表会、閉会式が行われ、皆で健闘を称えあいました。

 



出場の皆様と成績は以下の通りです。(上位のみ掲載) ●は女性

Aチーム中塚さん・土居本さん(6班)、松田さん(2班)、不島さん(13班)
Bチーム藤島さん(13班)、梨野さん(10班)、藤江さん(4班)北方さん(7班)  Cチーム 池田さん・池田さん・島田さん(6班)、小幡さん(7班)

【団体の部 (40チーム参加)

5位 荒屋団地Bチーム、7位 荒屋団地Aチーム、26位 荒屋団地Cチーム

個人の部】 (男性104名参加)

18位 土居本さん、20位 梨野さん 28位 中塚さん、30位 藤島さん

個人の部 (女性56名参加)

4位 北方さん、6位 不島さん、12位 藤江さん、14位 池田さん、  

ラッキー賞 梨野さん  ホールインワン賞 不島さん  




2016年6月17日金曜日

「まれの里」めぐりのバス研修を開催(速報)

6月16日(木)「まれのさとめぐり」として輪島周辺での研修会を開催致しました。当日は曇りでしたが、総勢31名の参加で、朝8時に南小公園前を出発しました。

のと里山海道では、、別所サービスエリア付近では、バスが、70km/hで走行して、まれのテーマ曲でお迎えを頂きました。

最初は、輪島の朝市の見学ですが、足の具合も考慮をして、輪島漆器会館の駐車場を利用しましたが、ここからは、朝市通りも近く、かつ、お土産もみれるので、便利でした。これもお世話をしてくれた役員の事前調査の結果です。
お土産屋さんの前でお待ち合わせ時間を決めて、各自、朝市通りの散策を、輪島特産のお土産等を買われたようです。
平日でありますが、観光客も多くおられ、朝市通りの賑わいは結構なもので、以前と様変わりは、アクセサリーショップや、骨董品など、朝市になかったお店も増えているようです。

私は、「丸ゆべし  -  柚餅子(ゆべし)」で有名な中浦屋さんあが出店されていましたので、覗いて観光スタイルで、ゆべしの説明を伺い、試食をさせて頂きました。数十年ぶりにここのゆべしを頂きましたが、老舗の味は、素晴らしく昔の記憶が戻りました。でもちょっと高価で試食だけでした。(苦笑)
バスの中は、保冷剤いりの魚や、岩ノリ、あおささ等荷物を持って階段を上がってこられました。ご家族へのおみやげも買われたようです。
ここから新装されたキリコ会館へ行き、キリコの歴史等に説明を受けて、ちょっと早い能登の祭りの情緒を味わいました。ここでも関東からのツアーと思われるシールをつけた観光客がおおく、「能登半島はいいところですね」と言っておられましたが・・・・。
昼食は、このお隣の割烹で。予約済の「刺身定食」を頂きましたが、バイガイ、鯛、エビ、いか等の大きな切身を頂き、大満足でした。


満腹になったところで、白米千枚田によりました。ここも観光客用にアレンジされて、売店、展望台、駐車場が整備されて、千枚台を横断するあぜ道等も歩道化され、観光地化されておりました。そこには、多くの地元の野菜、製品等が販売されておりました。これで今まで、販路のなかったものが、ここで売られ、かつ、雇用がでることは、観光資源とはすごい地場の力になっていることを実感しました。






次は、「まれ」でも話題になった「揚げ浜式塩田」を道の駅「すす塩田村」を見学をしました。ここの塩はテレビ放映の「鉄腕DASH」や「旅サラダ」等でも話題になり手づくりの塩は、生産が間に会わないようです。ここでもVTRと説明等で塩のできるまでを体験できるようです。
ここは、輪島市ではなく、お隣の珠洲市ですが、まれ効果は珠洲市まで及んでいました。

最後は、まれの住んでいたとされる、民宿 桶作のある大沢集落ですが、ここまでの道のりは大型バスで、おぼ一杯で路側の白線にタイヤをのせてサイドミラーが人家の軒先にすれすれに通過する道を約1時間で到着でした。(運転席の後ろでしたので、ちょっとスリルを味わい、右足に力が入ることが・・・ありました)




間垣の里は、今は、一部しか残っていませんが、これも観光資源とするならば、道路整備、間垣の維持と行政の力が必要かと思いました。あくまで、ここは小さな漁港ですので、生計は、サラリーマンだと思われますが、ブームが過ぎてからが課題かと思いました。ロケに使ったと思われる。やぐらも立ち入り禁止でロープが張られていました。

これで今日のバス研修は終了で、お土産、思い出、お疲れをのせて午後6時に無事戻ってきました。

速報でお知らせをいたしました。

2016年6月11日土曜日

町会住民が活躍中の県ボランティア協会の活動

本日(6月11日)北國新聞朝刊に、当町内に事務所を構えている県ボランティア協会の活動について、写真と記事が掲載されました。
この協会員には、土居本美代子さんが登録されており、毎日のように活発に活動されております。
昨年の町内自主防災訓練には協会から荒屋会館に会長をはじめ3人のスタッフが来られて、防災訓練の指導を受けたところです。
記事によると、19日から体験型で人材養成を始められる紹介となっています。
今後の益々の活躍を期待したいですね。